<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
■日刊メールマガジン
取るだけでコーチングセンスが磨かれます!是非、ご登録を!
コーチングで世界は変わる
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
⇒ twitter でも配信中です
SEARCH
ADMIN
ARCHIVES
 ⇒コーチングバンクトップへ戻る
ケンカ腰に見えるメール、送っていませんか?
  メールをもらったとき、何か不快になったことありませんか?

  理由はよくわからないのだけれども、何だか命令されたような、
  馬鹿にされているような、そんな感覚になったことありませんか?
  それでいて、文章を見返すとそんな要素がない。

  これはメールというものの、ある特徴のせいです。

  例えば、「~して下さい。お願いします。」

  これ、口頭では丁寧な言葉ですが、メールだと強制に読めます。
  強制というか、命令口調ですね。

  メールというのは文字だけのコミュニケーションです。
  しかも話し言葉に近い文章が多いです。

  しかし、そこには当然、含まれるべき声のトーンというものが、
  まったく含まれていません。

  ですから、結果として、普通に喋る言葉をそのまま書いたのでは、
  冷たく、厳しい印象を与える文章になってしまうのです。

  うまく、声のトーンをイメージさせる感情表現を入れてあげないと、
  機械人間か冷たい人のように受け取られる文章ができあがります。

  ありがとうございます、とか、(笑)とか、
  あるいは、顔文字とか、いつもお世話になります、とか、
  メールでよく見かけるのは、そんな理由です。

  ケンカ腰に見えるメール、送っていませんか?

  これは別にあなたが意図したことではないでしょう。

  でも、そう受け取られている可能性、ないですか?