<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
■日刊メールマガジン
取るだけでコーチングセンスが磨かれます!是非、ご登録を!
コーチングで世界は変わる
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
⇒ twitter でも配信中です
SEARCH
ADMIN
ARCHIVES
 ⇒コーチングバンクトップへ戻る
良かれと思って悪を為していませんか?
  子どもの頃には、よく、良い事をしなさい、と言われますが、

  だんだん成長して、大人になってきますと、

  自分が良いと思ったことでも、誰かにとっては、

  結果的に悪いことになってしまう、ということが、

  あることに気がついてきます。

  子どもの頃には、自分の小さな頭でしか考えられませんから、

  とりあえず思いついたことをやってみて、

  結果を見て判断するしかない、ということはあるようです。

  しかし、大人になれば、それ相応の責任というものがあります。

  あなたの言動はそのまま、世界に影響を与えます。

  それはきっと、子どもの頃よりも大きな影響でしょう。

  その分だけきっと、考えなければならない可能性も広いはずです。

  良かれと思って悪を為していませんか?

  以前、経営倫理についての話を、大学の先生からお聴きした際に、

  誰も悪い事をしようと思って事件が起こるのではなく、

  大抵は、良かれと思ってやったことが事件につながる、

  という話が印象的でした。

  手抜きで何かの工程を省くというよりは、

  効率化やスピード化のために、カイゼンしてそうなってしまう、

  そんなことを考えると、あなたの近くに居る人にとってだけ、

  良いことが本当に良いことなのではなく、

  誰にもにとって、良いこととは何か?

  そう考えないと、良いことというのはわからない、

  ということなのかもしれません。

  それを見通す力が、倫理観というものなのでしょう。