<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
■日刊メールマガジン
取るだけでコーチングセンスが磨かれます!是非、ご登録を!
コーチングで世界は変わる
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
⇒ twitter でも配信中です
SEARCH
ADMIN
ARCHIVES
 ⇒コーチングバンクトップへ戻る
あなたにとっての安さの基準は?
  モノが安い、サービスが安い、という言葉がありますが、

  あなたはこれをどういうときに感じるのでしょうか?

  普通はこの値段なのに、それがなんとこの値段!

  しかも、オマケに○○までついてくる!

  あるいは、今なら、もうひとつついてくる!

  こういう話法は通販番組の常套手段ですが、

  そもそもの原価は仕入れの値段であり、

  それがわからない以上、安いのか高いのか、

  よくわからない、ということはあるでしょう。

  一方で、市販されている値段より安ければ、

  それは安いのだ、と考える方もいらっしゃるでしょう。

  ただし、この考え方は、メーカー直販だったり、

  オリジナル商品の場合には、通用しない考え方です。

  しかし、そもそもよく考えてみたら、

  もともと欲しかったり必要だったりするものでなければ、

  自分の中で価値判断できないので、

  安いも高いもないだろう、という冷静な判断もあります。

  さて、あなたはどのタイプでしょうか?

  あなたにとっての安さの基準は?

  そもそも人が安さを求めるのは、

  限られた資源をどううまく使うのか、

  つまりは、経済的に合理的な行動をとりたい、

  という望みから来ているのでしょう。

  さて、あなたが安さに飛びつくとき、

  経済的に合理的な行動をとっている、と

  自信を持って、言い切れるでしょうか?