<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
■日刊メールマガジン
取るだけでコーチングセンスが磨かれます!是非、ご登録を!
コーチングで世界は変わる
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
⇒ twitter でも配信中です
SEARCH
ADMIN
ARCHIVES
 ⇒コーチングバンクトップへ戻る
どんなときにお花を贈りますか?
  プレゼントのときに花を贈る。

  それがいつ、どうやって始まった習慣なのかはわかりません。

  食料でもないし、お金でもない。

  日常、欲しいものかといえば、そうでもない。

  でも、もらうと嬉しい。

  古くはネアンデルタール人が死者に

  花を手向けたという説もあるそうですが、

  なぜそれが花なのか、ということはわかりません。

  ひとつだけ言えることは、

  おそらく花が提供してくれるのは、

  色や形による、生活の彩りであり、

  華やかさに通じるものでしょう。

  それは相手の人生が、まさに幸せなバラ色の人生になったり、

  あるいは長寿や健康、あるいは安らぎや癒しという

  感情や気持ちに働きかけることを願って、

  贈られるのではないでしょうか?

  私は人によく花を贈りますが、

  それは、花は残りませんので、不要になっても邪魔にならないし、

  それこそ、いろいろな人の生活やお仕事に、

  花を添える、のがコーチの役割でもあると、

  思っているからかもしれません。

  さて、あなたはいかがでしょう?

  どんなときにお花を贈りますか?

  経験則から言うと、相手が女性でも男性でも、

  TPOに合ったお花なら、みんな喜んでくれますよ。